健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

新型コロナワクチン接種の副反応を減らす事前対策法~水と漢方

新型コロナウィルス感染予防のためのワクチン接種が、全国で進んでいます。

テレビの報道では、全国民の半分くらいが1回目の摂取を終えている感じですかね(9/1現在)。

実はこのブログの管理人である私は、やっと9月7日に1回目の摂取を受ける予定です。


そのワクチン接種後に出る副反応が厄介な問題として、ネット上でも話題となっています。

肩・上腕の痛みやだるさ、発熱、倦怠感、胃症状、食欲不振、など多くの症状があるようです。


何か摂取前に副反応を抑え込む、あるいは軽く済むようにできる事前対策があれば助かりますね。


これについて、女優の瀬戸朝香さんが、水分摂取で副反応が出なかった(らしい)と告白してるニュース記事がありました。

「先日、ワクチン2回目の接種を終えました!副反応は、、全くありませんでした」とつづった瀬戸は「接種の時、水分補給した方が良いと知人に聞き、接種前後、1日約2リットルほど飲んでいました」と自らが取った対策法を明かした。
(ヤフーニュースより)

これは医学的根拠は不明なものの、経験的に効果的な気もしますね。

体内に水分が多めにあれば、当然発熱も低くて済むでしょう。水分といってもビールやコーヒーなどは逆作用になるかもしれませんので(酒は水分を奪い、カフェインは利尿作用がある)、止めた方がいいですよ。


それと、もう一つ、漢方薬を前もって服用しておく方法もありです。

まずは、

①葛根湯
漢方薬で、頭痛・発熱といえば第一選択として葛根湯です。

摂取の前に飲んでおけば、中から体を温めて免疫を強化、発熱を防ぐ作用があります。事前に飲んでおけば発熱した場合でも酷くならない効果があるでしょう。

さらに、注射した局所の痛みにも葛根湯を飲めば緩和効果が期待できます。葛根湯は肩こり的な症状に有効なので。


②補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
ワクチン接種で、倦怠感がでた場合に効果が期待できます。頭痛もあれば、葛根湯と併用します。

また胃腸症状もあれば、六君子湯(りっくんしとう)と併用すると効果的。


漢方薬は西洋薬と一緒に飲んでも基本的に問題ないので、カロナールなどの解熱鎮痛剤と併用しても大丈夫です。


以上、漢方薬を利用する場合は、薬局の薬剤師さんに一応相談するのがベターです。




新型コロナと夏カゼの症状の区別・違いは?

今朝、起きたら、なんとなく喉の調子がおかしい。

風邪のような感じで、ちょっと咳が出る。熱っぽくないし、体もダルくはない。食欲もある。
もちろん味覚や嗅覚の異常はなし。


こういう場合、ただの夏かぜか、それとも新型コロナ感染の初期か、と迷う。

手洗い・うがいは真面目に励行し、外出も元々出不精なので、あまりしてはいない。


今どきの時勢では、咳なんかしていると、かなり引け目を感じる。
1,2日具合を見れば、たぶんどちらかわかるだろうし、夏風邪までもいかない、ちょっとした変調くらいで終わるだろうけど。


夏風邪と新型コロナの症状の違いについては、調べてからまた書き込みます。
(今日はここまで)

コロナ陽性、自宅療養になった場合に注意すべき症状

新型コロナウィルスの感染激増で、医療機関の病床逼迫の危険が迫っている。

現在のペースで感染者数が増え続ければ、そう遠くなく病床逼迫が現実になるだろう。


そこで、東京都などは医療機関の病床逼迫を回避するため、一定基準以下の患者は自宅療養や宿泊施設での療養とする体制をとっているが、特に自宅療養の場合は容体の急変に注意が必要とアナウンスしている。


この容体の急変に関して、自宅療養者が注意すべき症状として、厚労省は以下の点をあげている。

・顔色が明らかに悪い
・唇が紫色になっている
・急に息苦しくなった
・胸の痛みがある
・ぼんやり、もうろうとしている
・脈がとぶ、脈のリズムが乱れる

このような症状が現れたら、すぐに保健所に連絡することが大事。

むやみに我慢したりすると手遅れになりかねないので、遠慮などせず、助けを求めよう。

当然だが、自分の住む地域の保健所の電話番号などは事前に調べておこう。


怖いのは、本人には息苦しいとかの症状が全くないのに、コロナに感染していて、血中の酸素濃度も低くなっていて、すでに危険な場合があること。

こういうケースを、「ハッピーハイポキシア」というそうだが、これなどは突然死の危険もあるから厄介だ。そうかといって、自覚症状もないから、どうしようもない・・・。

ただ、シッカリ予防あるのみか。


全国的にコロナウィルス感染者数は増え続けていて、また3連休がやってくるし、お盆、夏休みもある。

東京オリンピックが終わって、お祭り気分から現実に戻った時に、感染者数の数字の大きさに事の深刻さを認識し、国民皆が行動を改めるようになればいいと思う。


そうでなければ、次に控えるパラリンピック(あと18日)は開催が危ぶまれる事態になりかねない。


まずは、今度の3連休は台風も来ていることだし、自宅でゆっくりと過ごすことにしよう。




プロフィール

トミー

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ