健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

ためしてガッテン、かむチカラの新常識SP 心筋梗塞・脳卒中予防

2021/10/13のNHK「ためしてガッテン」は、” かむ力(チカラ)の新常識スペシャル ”という内容でした。

番組内容を簡単にまとめると、

「かむチカラ(咀嚼力)が弱っていると、とかく脂質の多い柔らかい食物を食べがちになり、それが動脈硬化を招き、やがては心筋梗塞など心臓病や、脳卒中といった病気を引き起こす。だから普段から噛みごたえのある物を少し食事に取りれましょう」

という結論でした。


番組冒頭で取り上げられた食べ物は、「グミ」。

あの硬めのフルーツゼリーのようなお菓子です。元々はドイツで、子供の噛むチカラ(咀嚼力)を鍛えるために作られたという話です。

この話題をとっかかりとして、多世代のかむチカラを調べるところから、本題に入っていきます。


番組で集めた20代~70代の男女20人位の噛むチカラを測定器で調べると、年代・男女の別に関係なく、バラバラで個人差のある結果が出ました。

つまり、高齢だから、女性だから、噛む力が弱いということはなく、体格のいい(太った)若い男性が最もかむチカラが弱いという結果になりました。


その原因は、普段の食生活に理由があるかもしれないと、このグループの中で噛むチカラが平均より弱い人をピックアップして、1週間の食事を調べると、皆、柔らかい食べ物ばかりを食べていることが判明しました。

特に野菜を食べている人は少なかったですね。野菜は繊維質が多いので、噛みごたえのある食物といえます。


そして、現代の食品で柔らかいものといえば、脂質を多く含むものが多いので、自然と高脂質の食事となり、血管中にも脂質が増え、長い間には動脈硬化を引き起こし、その異変が脳で起これば「脳卒中」、心臓で起これば「心筋梗塞」(その手前の狭心症もありえますね)という重大な病気につながるというわけです。


ですから、食感の固いものも普段の食事に取り入れることが必要になってきます。


日常の食事で食べられる固めの食材の例としては、たくあん、さきいか、セロリ、人参、油揚げ(繊維質で意外の噛みごたえがある)、キャベツの心、などがあります。他にもたくさんありますが。


番組では、先程の平均よりもかむチカラの弱かった人たちに、食事中に一つ固めの食材を取りれてもらう実験を1ヶ月続けたところ、2倍~数倍と、全員の噛むチカラが大幅にアップする結果となりました。

このことから、意識してちょっとの工夫をすれば、噛むチカラは簡単にアップすることが分かりますね。


ところで、何故、かむチカラが弱いのかというと、中高年から高齢者は、やはり歯周病など歯や歯茎の病気や不調、若い世代は、子供の頃からの柔らかい食べ物ばから食べる習慣が原因だろうということでした。


若い人の場合は、やっぱりハンバーガーやピザなどよく食べますし、スイーツ系も柔らかいですからね。それに野菜を食べないとなると、確かに歯ごたえのある食物はほとんど食べていないと言えるかもしれません。

ハンバーガーチェーンでいうと、マックは柔らかいですね。その点、モスは野菜を多く使っていますから、まだいいですね。さらに、ケンタッキーは鶏肉で、牛肉より噛みごたえがあるから、これもいい方でしょう。

特にマックファンでなければ、こういう観点からハンバーガーを選ぶのもアリかもですね。



この噛むチカラは、結局顎まわりの筋肉の問題ですから、固めのものを食べるのを止めてしまうと、アップした咀嚼力は元に戻ってしまいます。


ですから、普段の食事で常に固めの食材を食べる習慣をつけることが大事になってきます。


生の魚介を食べた後の胃痛はアニサキス寄生虫!正露丸が効く

最近、高知大学の研究で、興味深いことが分かりました。

刺し身など生の魚介類を食べた後に、胃の激しい痛みを発症する場合、アニサキスという寄生虫によることが有るらしいですが、その寄生虫駆除にあの「正露丸」が効果があることが研究の結果、証明されたということです。(ヤフーニュースから)


私は経験がありませんが、魚の内蔵付近には「アニサキス」という線状(透明な糸のような形態)の寄生虫がいて、鮮度が落ちると、アニサキスは身の方に移動することがあるとか。

そうすると、その身(刺し身など)を人が食べると、アニサキスが胃の壁に食らいつき、さらには潜り込んで、痛みを発症するメカニズムらしいです。

それで激痛を起こすんですね。

また、アニサキス自体にアレルギー反応を起こし、ショック症状を起こすこともあるそうです。


結構怖い寄生虫です。


アニサキスは人の体内では1週間から10日くらいで死んでしまうらしいですが、胃の痛みを取るため、病院ではどういう治療をするかというと、胃カメラで壁に喰らいついているアニサキスを確認し、
鉗子で採取するのだそうです。

なかなか厄介な治療法です。


このアニサキス症に対し、下痢止めで有名な「正露丸」が効果があるということなのです。

正露丸を溶かした液体にアニサキスを浸すと、30後には活動停止、24時間後には死滅しました。

さらにその死滅したアニサキスを、胃液と同じ成分の液体に浸すと、24時間以内に分解が始まったということです。

要するに、アニサキスは正露丸に晒すと、最終的に溶けてなくなるということでしょう。


ですから、生の魚介を食べて、しばらくしてから胃に激痛が来た場合は、アニサキス症かもしれないので、取り敢えず正露丸を1~2日服用(1日3回服用)してみるのもいいかもしれません。

ただ、「正露丸」はTVのCMでお馴染みのラッパのマークの大宝製薬のものと、イズミというところの安価なものがあり、成分が多少違っています。イズミの正露丸は大宝の1/3位の安さ(経験から下痢に対する効果はほぼ同じ)。


念の為、大宝製薬の方を服用した方がいいでしょうね。



NHKスペシャル(9/26)認知症相談室・認知症の先輩が教えてくれたこと

9月26日のNHKスペシャルは「認知症の先輩が教えてくれたこと」というタイトルの特集番組でした。

香川県のある病院での、認知症患者さんたち自身によるケアの取り組みのレポートです。


その病院には、認知症相談室というところが設置されていて、認知症の患者自身が相談を受けています。

その室長さん(78歳)は認知症になって2年の方で、新しく認知症を患った人の諸々の相談に乗ります。主に不安や心配を和らげてあげることに主眼が置かれているようで、相談する認知症の人は夫婦や家族一緒で相談に来ます。

認知症になった人は、誰もが不安や心配で頭の中が一杯のようです。


室長さん自身も、発症当時は大変なショックを受け、その事実を受け入れられず、ショックから立ち直るのに2年かかったそうです。

しかし、その後は落ち着きを取り戻し、「できる事(をすること)で自分の人生を作り直していく」という心境になりました。

その経験則を新しい認知症の人に、教え諭していきます。


番組では、2組の認知症の夫婦を約1年間ほど取材しましたが、患者さんは最初は出来なくなったことに悲しんだり、戸惑ったりしましたが、相談を重ねるにつれて認知症であることに慣れ、出来ることを楽しむようになっていきました。

一方家族の方も、当初認知症について理解ができず、イラついたり、認知症の人の人格を否定するような言動も取っていましたが、やはり相談を重ねるにしたがい、理解も進み、認知症の人の身になって考える余裕が持てるようになっていきました。


認知症は現在、進行を止める薬もなく、治療の決め手はありません。

しかし、本人と周囲のこの病気への理解によって、対応方法に随分と大きく違いが出てくることを、この番組で知りました。

認知症の人は、周囲からは意識活動が鈍感になっていると思われがちですが、実際は普通の人よりも感受性が敏感で、傷つき安い面があるようです。それを理解せずに、乱暴な、粗雑な態度で接することはとても可哀想なことをしていることになり、ひいては認知症を悪化させてしまう恐れもあります。


私の母も認知症ですが、これまで本人の心の内を深く考えることもなく、つい感情に任せて怒ってしまったことも度々ありました。

この番組を見て、少し理解ができたので、これまでの態度を改めることができそうです。


認知症の人には、まず思いやりを第一に接するよう心がけてください。


◆番組内容の詳細:NHKスペシャル「認知症の先輩が教えてくれたこと」西香川病院の取り組み

プロフィール

トミー

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ