健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

NHKスペシャル(9/26)認知症相談室・認知症の先輩が教えてくれたこと

9月26日のNHKスペシャルは「認知症の先輩が教えてくれたこと」というタイトルの特集番組でした。

香川県のある病院での、認知症患者さんたち自身によるケアの取り組みのレポートです。


その病院には、認知症相談室というところが設置されていて、認知症の患者自身が相談を受けています。

その室長さん(78歳)は認知症になって2年の方で、新しく認知症を患った人の諸々の相談に乗ります。主に不安や心配を和らげてあげることに主眼が置かれているようで、相談する認知症の人は夫婦や家族一緒で相談に来ます。

認知症になった人は、誰もが不安や心配で頭の中が一杯のようです。


室長さん自身も、発症当時は大変なショックを受け、その事実を受け入れられず、ショックから立ち直るのに2年かかったそうです。

しかし、その後は落ち着きを取り戻し、「できる事(をすること)で自分の人生を作り直していく」という心境になりました。

その経験則を新しい認知症の人に、教え諭していきます。


番組では、2組の認知症の夫婦を約1年間ほど取材しましたが、患者さんは最初は出来なくなったことに悲しんだり、戸惑ったりしましたが、相談を重ねるにつれて認知症であることに慣れ、出来ることを楽しむようになっていきました。

一方家族の方も、当初認知症について理解ができず、イラついたり、認知症の人の人格を否定するような言動も取っていましたが、やはり相談を重ねるにしたがい、理解も進み、認知症の人の身になって考える余裕が持てるようになっていきました。


認知症は現在、進行を止める薬もなく、治療の決め手はありません。

しかし、本人と周囲のこの病気への理解によって、対応方法に随分と大きく違いが出てくることを、この番組で知りました。

認知症の人は、周囲からは意識活動が鈍感になっていると思われがちですが、実際は普通の人よりも感受性が敏感で、傷つき安い面があるようです。それを理解せずに、乱暴な、粗雑な態度で接することはとても可哀想なことをしていることになり、ひいては認知症を悪化させてしまう恐れもあります。


私の母も認知症ですが、これまで本人の心の内を深く考えることもなく、つい感情に任せて怒ってしまったことも度々ありました。

この番組を見て、少し理解ができたので、これまでの態度を改めることができそうです。


認知症の人には、まず思いやりを第一に接するよう心がけてください。


◆番組内容の詳細:NHKスペシャル「認知症の先輩が教えてくれたこと」西香川病院の取り組み

37.8度の発熱!コロナに感染かも!PCR検査受けたよ

今週初め頃から、何となく喉のイガラッぽさがあり、調子がイマイチだと感じていたら、2日前の水曜の午後に発熱し、咳も出て、風邪症状となりました。

その時は37.5度くらいの熱で、「珍しく熱が出た風邪を引いたな」と思ったくらいでした。

そして、翌明け方の4時頃、37.8度まで熱が上がり、「これは本格的な風邪だ。しかし、ワクチンはまだ1回しか接種してないし、自分にしては高熱だから新型コロナに感染かもしれないぞ」と危機意識が芽生えました。

仕事場以外では、特定の誰かと濃厚接触するようなことはしていませんでしたが、最近の変異株の感染力の強さが話題になっていましたからね。


この日は秋分の日(9月23日)で、病院も保健所も休み。そこで、県の保険課に電話で相談すると休み明けに発熱外来のある病院に電話してから受診してください、と言われました。

幸い、発熱と多少の咳以外に重篤な症状はなく、糖尿病などの基礎疾患もないので、翌日の朝まで様子をみることに。


ところが、その日午後になると、熱は下がり36.7度程度になりました。体も軽くなった。

夜になっても、37.4度と熱は上がらない。

どうも普通の風邪だったようでした。


しかし、ワクチン1回接種で、37.5度以上の発熱 があったので、感染の可能性は無視できるほど小さくはないと思い、翌24日(このブログを書いている日)に近くの発熱外来を受診しました。

受付は一般の窓口ではなく、緊急外来の裏手の出入り口で、車に乗ったまま待機するように言われました。


指示どおりにして待つと、医師と看護師が来て、検温と簡単な問診をしてくれ、今日はもう風邪症状はかなり改善したので、風邪薬は要らず、コロナ感染を調べるPCR検査だけ受けることになりました。

このPCR検査も車に乗ったままで受けました。

想像したほど苦痛ではありませんでしたが、鼻の穴左右に1本ずつ2回やるとは思ってませんでした。


このPCR検査は数十秒ほどで終わり、それでもう帰宅して良いことに。


帰りに窓口で受診費用を払うこともありませんでした。結果は電話で翌日知らせてくれることになりました。検査数が少なければ、当日に判明することもあるらしいです。


ひょっとして、陽性だった場合に窓口に行かれると、ウィルスを撒き散らす可能性があるので、それを避けたのかもしれません。


私が検査を受けるのに結局ほぼ午前中かかりましたが、その間、他に発熱外来に受診に来た人は、3人。私を含めると4人でした。案外少ないな、と思いました。

ということは、新型コロナの新規感染者はやはりかなり減少傾向にあるのは間違いないのでしょう。

今日はそれも実感しましたね。


以上、私のPCR検査体験記でした。


◆今回のPCR検査の費用については下の記事の中に記述あり↓
新型コロナの抗原検査キット、薬局での販売解禁と注意点



私の場合、ワクチン接種が1回だったので、感染の可能性もなくはなく、実質1日だけの発熱でもPCR検査を受けましたが、すでに2回接種を受けていて、濃厚接触にも気をつけていて、それで発熱したような場合は、PCR検査を受けるべきか迷いますね。

1日だけの発熱なら問題ないでしょうが、何日間続いたら要検査、あるいは何日までなら大丈夫とか、2回接種した人の場合の判断基準が欲しいところでしょう。



新型コロナワクチン接種の副反応を減らす事前対策法~水と漢方

新型コロナウィルス感染予防のためのワクチン接種が、全国で進んでいます。

テレビの報道では、全国民の半分くらいが1回目の摂取を終えている感じですかね(9/1現在)。

実はこのブログの管理人である私は、やっと9月7日に1回目の摂取を受ける予定です。


そのワクチン接種後に出る副反応が厄介な問題として、ネット上でも話題となっています。

肩・上腕の痛みやだるさ、発熱、倦怠感、胃症状、食欲不振、など多くの症状があるようです。


何か摂取前に副反応を抑え込む、あるいは軽く済むようにできる事前対策があれば助かりますね。


これについて、女優の瀬戸朝香さんが、水分摂取で副反応が出なかった(らしい)と告白してるニュース記事がありました。

「先日、ワクチン2回目の接種を終えました!副反応は、、全くありませんでした」とつづった瀬戸は「接種の時、水分補給した方が良いと知人に聞き、接種前後、1日約2リットルほど飲んでいました」と自らが取った対策法を明かした。
(ヤフーニュースより)

これは医学的根拠は不明なものの、経験的に効果的な気もしますね。

体内に水分が多めにあれば、当然発熱も低くて済むでしょう。水分といってもビールやコーヒーなどは逆作用になるかもしれませんので(酒は水分を奪い、カフェインは利尿作用がある)、止めた方がいいですよ。


それと、もう一つ、漢方薬を前もって服用しておく方法もありです。

まずは、

①葛根湯
漢方薬で、頭痛・発熱といえば第一選択として葛根湯です。

摂取の前に飲んでおけば、中から体を温めて免疫を強化、発熱を防ぐ作用があります。事前に飲んでおけば発熱した場合でも酷くならない効果があるでしょう。

さらに、注射した局所の痛みにも葛根湯を飲めば緩和効果が期待できます。葛根湯は肩こり的な症状に有効なので。


②補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
ワクチン接種で、倦怠感がでた場合に効果が期待できます。頭痛もあれば、葛根湯と併用します。

また胃腸症状もあれば、六君子湯(りっくんしとう)と併用すると効果的。


漢方薬は西洋薬と一緒に飲んでも基本的に問題ないので、カロナールなどの解熱鎮痛剤と併用しても大丈夫です。


以上、漢方薬を利用する場合は、薬局の薬剤師さんに一応相談するのがベターです。




プロフィール

トミー

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ