健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

2012年11月

メタボの市販薬、間もなく登場

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

<医師会が猛反対した メタボ薬販売“解禁”ウラ事情>
週刊実話2012年11月30日14時00分
 メタボを治癒する高脂血症治療薬『エパデール』のOTC化が、申請から3年を経てようやく決まった。
 OTCとは、病院などで医師が処方する医療用医薬品から大衆薬に転用される薬のことで、医療界では『スイッチOTC薬』(以下=OTC薬)と呼んでいる。OTC薬として認められれば医師の処方箋なしに、つまり病院や診療所に行かなくても薬局・薬店の店頭で誰でも買えるようになり、消費者にとって利便性が増す。
 昨年は、第一三共の解熱鎮痛剤『ロキソニン』、エスエス製薬の鼻炎薬『アレジオン』が、OTC薬として認可を受け発売された。今年は『エパデール』のOTC薬が決議され、早ければ年内にも正式承認されることになった。だが、これに反対してきたのが、審議会の医師会側委員だった。
~途中略~ 
 「これまでのOTC薬は、一時的な症状の改善薬。これに対し、メタボは長期にわたって薬を服用しなければならない。つまり開業医たちにとって“お得意様”を失うことになりかねないのです。今後、厚労省の医療費削減策は強まる一方、加えて、医師会の政治力も長期凋落傾向にあります。これからも、医師の処方で多用されている血圧降下剤や糖尿病治療薬などがOTC薬になると思われます」
http://news.livedoor.com/article/detail/7190174/ 

(ライブドアニュースより引用)


「ロキソニン」という解熱鎮痛薬は最近よく目にしますが、あれはOTC薬で、元は処方箋の必要な医療用医薬品だったんですね。

同様に効果の高い医療用医薬品で、メタボの治療薬の「エパデール」という薬がもうすぐOTC薬として、誰でも薬局で買えるようになるらしいです。

メタボの治療用ですから、市販薬といってもある程度長期の使用が必要でしょうが、それでも忙しくて病院へ行けない人や、病院嫌いな人には重宝な薬になるでしょう。

お医者さんには収入源になりそうなので気の毒なようですが、国全体の医療費を考えれば、安全性が確保されれば、効果の高い薬はどんどん市販薬にスイッチしていって欲しいものです。

やがては高血圧の薬や糖尿病薬もOTCとして市販薬になるらしいですから、患者の利便性が増しそうです。

しかし、一方では薬の知識や情報、管理などは患者一人一人がしっかりしなければなりませんから、患者の意識改革も迫られることになるでしょう。

それが面倒な人は、従来どおりお医者さんと仲良くお付き合いするわけですね。


低体温の改善方法、「しょうが酵素」

ブログネタ
悩み解決・悩み相談講座 に参加中!

冬はつらい低体温に冷え性。

私も男性ですが、痩せ型で冷え性気味、体温も36度あるかないかの低体温の傾向がありました。

それがここ1、2週間のある飲み物のお陰で、朝起床後間もなくの時点で体温が36,5度にまで上がるようになって低体温が改善方向にあり、日中も寒さの感じ方がゆるくなってきました。

その低体温の改善方法となった飲み物とは、「しょうが酵素」です。正確には「しょうが酵素」のお湯割りです。

世間では、冷え性の改善には生姜がよい、とよく言われ、様々な生姜を使った製品がありますね。
私もいくつかは試したこともありますが、正直冷えや低体温の改善効果を実感したことはありませんでした。

ところが今回は、母が健康雑誌に載っていた「しょうが酵素」を作り、せっかくだからとついでに飲んだのが見事にバッチリ効いたのでした。

私の実体験から、低体温や冷え性の方には、「しょうが酵素」をお試しになることをお勧めします。

母が読んだ健康雑誌とは、『安心』(10月号)です。作り方から体験談まで12ページに渡って書かれています。バックナンバーとして購入できると思います。

「しょうが酵素」の作り方自体は簡単で、しょうがと砂糖を1:1,1の分量の割合で用意し、生姜を細かくスライスして砂糖と混ぜ、1~2週間漬け込んで発酵させ、その後濾してエキスにするだけのものです(細かな手順もありますが、それは「安心」を参照してください)。

推奨の摂取量は1日に30ccほど(カレースプン4杯程度)ですが、その量を飲むと、私の場合翌日に頬が火照るようになってしまうので、今は寝る前に大き目のティースプーン1~2杯をお湯で割って飲んでいます。

そうすると丁度良く、朝イチのオシッコも程よく黄色味を帯びていて(いままでは透き通っていた)、体の中が温かいことが分かります。

この「しょうが酵素」は、冷えや低体温だけでなく、アレルギーやダイエット、免疫力アップ(風邪予防)、肩こりなどにも効くそうです。

作るのにお金もあまりかからず、安上がりな方法でもありますので、どうぞお試しを。

子供の肥満、早急な解消が必要

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

子供の肥満が増えているそうですね。11月24日の読売新聞の「医療ルネサンス青森フォーラム」の特集で、”子供の肥満 万病の元”という講演録が掲載されていました。

子供の肥満は、30年前の3倍になったそうです。このままだと将来の生活習慣病患者が増大するので、子供の肥満解消の対策を急ぐ必要があります。

原因は明らかで、生活スタイルの変化による不規則な生活・運動不足と高カロリーな食事や食べすぎです。悪い生活習慣と食生活ということでしょう。

記事によれば、肥満で運動能力低下で骨折や関節障害の増大、睡眠時無呼吸症候群から睡眠不足で集中力低下などの弊害が起こり、さらに進めば、インシュリンが効きにくくなりメタボから糖尿病になりやすくなり、動脈硬化を早めることになるそうです。

そうなると、心血管疾患のリスクが高まり、40・50代で早くも心筋梗塞などの死亡率が高まる危険が出てきます。

中高生の思春期に肥満だと大人になっても肥満の傾向が高く、その場合心血管疾患のリスクはそうで無い人の何と9倍にも高まるのです。

肥満の指標のBMI値は、1~3歳の健診でもチェックされるらしいですが、すでに3歳児で1歳半時よりBMIが高いと、10年後(中学生か)には中性脂肪や血圧が高くなる可能性があるということでした。

このフォーラムは青森で行われましたが、青森県は寿命が全国で一番短く、子供の肥満も多いというデータがあります。これは、冬に雪が多い地域特性の影響が大きいでしょうが、家庭での親の意識の問題もあるようでした。

要は、子供の肥満の予防・解消は、家庭での親の躾が一番であり、親自身も健康的な生活の見本を子供に見せる必要があるということです。

日本が世界的に見ても長寿国になったのは、かつての貧しい時代に質素な食生活とややキツイ労働の生活を経験して、丈夫な体を持てたからからだ、という意見もあります。
今後、今の子供や若者に肥満が増えれば、やがて50代当たりで生活習慣病を患う人が増え、平均寿命も大きく下がる可能性があります。

そうなると日本全体の医療費が増え、個人の負担分も増えて生活が圧迫される事態になるかもしれません。健康であることが特権の時代になってしまうかも。

その時に、自分の子供が健康エリートでいられるように、食生活を含め生活習慣を常に見直すようにしたいものですね。

みんなの家庭の医学、「間違った薬の飲み方SP」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

みんなの家庭の医学」(テレ朝、11月27日)で、”間違った薬の飲み方&使い方SP”という3時間スペシャル特集がありました。

市販薬・処方薬とも間違った薬の飲み方をすると、体に重大な影響が出ることがあり、最悪の場合は死亡することもあるそうです。厚生労働省の調査では、過去5年間に市販薬を服用して5人が副作用などで死亡しています。

そこで、今回の「みんなの家庭の医学」では、間違ったクスリの飲み方の事例を挙げ、正しい薬の飲み方を紹介していました。

[やってはいけない薬の飲み方]
①処方された薬を途中で止める

(事例)43歳、美容院経営の女性
仕事柄トイレ(小用)を我慢することが多く、ある時排尿時に痛みを感じるようになり、段々痛みが強くなった。5日後に泌尿器科を受診、「膀胱炎」と診断された。
1週間分の抗生物質を処方され、2日飲むと症状が消えたので、以後飲むのを止めた。
1ヵ月後に再度同じ排尿時痛が出たので、残りの抗生物質を飲むと、また2日で痛みがなくなった。
その後、同様のことを繰り返し、クスリがなくなると受診し、都度クスリをもらっていた。
1年半後のある深夜、全身の悪寒と強い腰の痛みで緊急入院。「急性腎盂腎炎」と診断された。

処方された抗生物質をすべて飲み切らなかったために、膀胱炎を起こした細菌の一部が残り、それが長期間の間に薬への耐性を獲得して、処方の抗生物質では効かなくなり、一気に増殖して腎臓まで広がったためだった。

間違っていた薬の飲み方は、抗生物質を飲みきらなかったこと、勝手に残った薬を飲み続けていたために細菌に耐性を付けてしまったことでした。


②本当は怖い風邪薬~重大な副作用で死亡例も

(事例)48歳、パート女性
3年前からパート勤めを始めた。11月下旬の某日、のどの痛みと37,1度の発熱があり、いつもの市販の風邪薬を飲んだ。翌朝には一旦症状は治まったが、次ぐ日に再度倦怠感と38,2度の熱が出た。
仕事を休み、また市販薬を飲んだが、数時間後、目の充血と肘のあたりに赤い湿疹が出た。晩にはさらに悪化したが、風邪と思い込み薬を飲み続けた。翌朝、顔中に発疹、目の酷い充血、唇のただれが出て重態化、緊急入院した。病名は「スティーブンス・ジョンソン症候群」。

これは薬のアレルギーの病気で、体中の粘膜が障害される病気。内臓器官の粘膜も冒されるので、かなり危険な病気のようです。年間400人が発症するそうです。
私の記憶では、たしか失明に近い後遺症が残ることもある怖い病気です。

市販薬だけでなく、病院の処方薬でも起こり、飲みなれた薬でも突然発症することもあるそうです。
この病気を引き起こす可能性のある薬には、説明書に「スティーブンス・ジョンソン症候群」の病名入りで注意書きがあるので確認することが大切だそうです。

この女性は、目の充血と肘の発疹の段階で風邪薬を中止し、病院を受診すべきでした。
その後、治療により回復されました。


③危険な飲み合わせ

(事例)68歳、男性
定年退職後、ゴルフが趣味。薬は高血圧や他の持病のため4種類を服用している。
ある時膝の痛みで整形外科を受診したが、問診票の記入で、服用している薬のことを書かなかった。
掛かりつけ医からもらっている「くすり手帳」も持参しなかった。整形外科では鎮痛薬と湿布薬を処方され、後日「くすり手帳」に計5種類の薬を記録することになったが、そのまま放置した。
しばらくして、食事の度に胸やけと食欲不振を感じるようになった。その後は息切れも加わった。
ある日、ゴルフ練習場で激しいめまいと共に吐血し、救急車で病院へ。
「NSAIDs(エヌセイズ)による出血性潰瘍」と診断された。

NSAIDs(エヌセイズ)とは、ある種の消炎鎮痛剤のグループのことで、飲み合わせで胃に潰瘍などの障害を引き起こす副作用を持つ薬だということです。
この男性は、5種類の薬の飲み合わせで胃に重症の潰瘍ができ、その出血で貧血となり、息切れや眩暈が起こっていたのでした。そして胃に穴が開いて吐血したようです。

この場合、誤っていた薬の使い方としては、複数の薬を「くすり手帳」で記録・管理していなかったこと。この「NSAIDs(エヌセイズ)」の障害防止のため、1996年から手帳を配布するように
なったので、複数の飲み薬を飲んでいる人は、新たな病気で受診する際は「くすり手帳」を持参するのが安全です。ちなみに、市販薬でも「NSAIDs(エヌセイズ)」は問題となるそうです。

他の、「薬によって起こる副作用」、「間違いやすい薬の使い方」は別ページにて↓
みんなの家庭の医学、薬の飲み方&使い方

難聴の補聴器は、海外メーカーがおすすめ

ブログネタ
補聴器と健康 に参加中!

老人性難聴の人が増えているようで、私の2人の叔母(共に80代)も最近特に耳の聞こえが悪くなったようです。会話の途中、何度も「えっ?」と聞き返されますから。

そのような老人性難聴の人は多いらしく、先日の読売新聞の「医療ルネサンス」の難聴特集では、65歳以上の人の半数は難聴で、1,500万人もいるそうです。

その中で、ちゃんと補聴器を使っている人は、たったの200万人だけ。他は、補聴器を装着するのを嫌って、その場しのぎで過ごしているようです。

しかし、老人性の難聴を放置すると、脳への刺激が低下して認知症のリスクも高まる可能性があるとかで、補聴器はキチンと使うべきでしょう。

私の叔母も、かつては補聴器を試したことがあったが、使いづらくて止めてしまったと言ってました。これはよく聞く話で、ピーピー、ガーガーと雑音が入って使えないということを何人かの高齢者の方から聞いたことがあります。

補聴器は”調整”というものが必要で、これが上手くいかないケースが多いようですね。

上の新聞記事によれば、補聴器は国産メーカーよりも海外メーカーの方が、調整が上手く行く場合が多いらしいです。それは、海外の補聴器メーカーには聴覚だけ専門に学んだ専門家が多く、そうしたプロフェッショナルが調整をしてくれるからだそうです。

海外メーカーは膨大な実験データを持っていて、それに基づいて調整ソフトも作られているので、聞こえやすい補聴器を提供できるのでしょう。

それに対し、日本の場合は聴覚の専門家が乏しく、耳鼻科医師でさえ必ずしも聴覚に詳しくはないとか。

ですから、補聴器を購入する場合は、耳鼻科で診察を受けて難聴の種類や程度を特定してもらい、価格がやや高くでも海外メーカーの販売店で購入・調整してもらうのがいいかもしれません。


ちなみに、難聴には、伝音性難聴と感音性難聴があり、前者は聴覚器官の前まで(鼓膜の奥の骨まで)の異常ですが、後者はさらにその奥の異常です。前者は単純に耳から入る音を大きくすれば済みますが、後者は、音の周波数ごとに聞こえ方が違っているので、調整できる補聴器が必要だそうです。

だから、感音性難聴の場合は、テレビ通販の補聴器では効果がないので注意が必要です。

プロフィール

トミー

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ