健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

病気予防法

ためしてガッテン、かむチカラの新常識SP 心筋梗塞・脳卒中予防

2021/10/13のNHK「ためしてガッテン」は、” かむ力(チカラ)の新常識スペシャル ”という内容でした。

番組内容を簡単にまとめると、

「かむチカラ(咀嚼力)が弱っていると、とかく脂質の多い柔らかい食物を食べがちになり、それが動脈硬化を招き、やがては心筋梗塞など心臓病や、脳卒中といった病気を引き起こす。だから普段から噛みごたえのある物を少し食事に取りれましょう」

という結論でした。


番組冒頭で取り上げられた食べ物は、「グミ」。

あの硬めのフルーツゼリーのようなお菓子です。元々はドイツで、子供の噛むチカラ(咀嚼力)を鍛えるために作られたという話です。

この話題をとっかかりとして、多世代のかむチカラを調べるところから、本題に入っていきます。


番組で集めた20代~70代の男女20人位の噛むチカラを測定器で調べると、年代・男女の別に関係なく、バラバラで個人差のある結果が出ました。

つまり、高齢だから、女性だから、噛む力が弱いということはなく、体格のいい(太った)若い男性が最もかむチカラが弱いという結果になりました。


その原因は、普段の食生活に理由があるかもしれないと、このグループの中で噛むチカラが平均より弱い人をピックアップして、1週間の食事を調べると、皆、柔らかい食べ物ばかりを食べていることが判明しました。

特に野菜を食べている人は少なかったですね。野菜は繊維質が多いので、噛みごたえのある食物といえます。


そして、現代の食品で柔らかいものといえば、脂質を多く含むものが多いので、自然と高脂質の食事となり、血管中にも脂質が増え、長い間には動脈硬化を引き起こし、その異変が脳で起これば「脳卒中」、心臓で起これば「心筋梗塞」(その手前の狭心症もありえますね)という重大な病気につながるというわけです。


ですから、食感の固いものも普段の食事に取り入れることが必要になってきます。


日常の食事で食べられる固めの食材の例としては、たくあん、さきいか、セロリ、人参、油揚げ(繊維質で意外の噛みごたえがある)、キャベツの心、などがあります。他にもたくさんありますが。


番組では、先程の平均よりもかむチカラの弱かった人たちに、食事中に一つ固めの食材を取りれてもらう実験を1ヶ月続けたところ、2倍~数倍と、全員の噛むチカラが大幅にアップする結果となりました。

このことから、意識してちょっとの工夫をすれば、噛むチカラは簡単にアップすることが分かりますね。


ところで、何故、かむチカラが弱いのかというと、中高年から高齢者は、やはり歯周病など歯や歯茎の病気や不調、若い世代は、子供の頃からの柔らかい食べ物ばから食べる習慣が原因だろうということでした。


若い人の場合は、やっぱりハンバーガーやピザなどよく食べますし、スイーツ系も柔らかいですからね。それに野菜を食べないとなると、確かに歯ごたえのある食物はほとんど食べていないと言えるかもしれません。

ハンバーガーチェーンでいうと、マックは柔らかいですね。その点、モスは野菜を多く使っていますから、まだいいですね。さらに、ケンタッキーは鶏肉で、牛肉より噛みごたえがあるから、これもいい方でしょう。

特にマックファンでなければ、こういう観点からハンバーガーを選ぶのもアリかもですね。



この噛むチカラは、結局顎まわりの筋肉の問題ですから、固めのものを食べるのを止めてしまうと、アップした咀嚼力は元に戻ってしまいます。


ですから、普段の食事で常に固めの食材を食べる習慣をつけることが大事になってきます。


2021年の立秋は8月7日、今年は夏バテなし?

連日の猛暑で東京オリンピックに参加している各国の選手も大変だと思うが、今月8月の7日はもう立秋です。

そろそろ秋という言葉が生活のあちこちで聞かれ始める時期ですね。


不思議なもので、立秋を過ぎると、まだどんなに暑くても、夜になれば秋の虫がチョロチョロと鳴き始め、朝方は少し涼しさを感じるようになります。

空もなんとなく秋っぽい雲が現れてくるし。

昔の暦というのはよくできているなぁ、と思います。


ところで、立秋のこの頃になると、「夏バテ」というキーワードもテレビや新聞などによく登場しますが、今年はどうでしょうかね?

私の感じるところでは、ほとんど聞かないですけどね。


新型コロナウィルスのせいで、皆家庭にいる時間が多くなり、暑さにあたる機会もすくなかったので、夏バテする人が少ないかもしれないですね。

土用の丑の日は、うなぎの売れ行きはどうだったんでしょう?


逆にエアコンの効いた部屋で冷たい物を飲み食いしながら長時間オリンピック観戦して、体を冷やして、これから秋口にかけて、「夏の冷え性」になる人が増えたりして。


立秋以降はあまり冷たい物の飲食は多くとらない方がいいですよ。

先程言ったように、朝方は涼しくなるので、これから夜寝る時はエアコンの温度もやや高めにしましょう。



ためしてガッテン、新型ノロウィルスの予防には「柿渋」

12月9日のNHK「ためしてガッテン」で、新型ノロウィルスの特集をやっていました。

このノロウィルスは、現在のところ、治療薬や予防ワクチンなどなく、感染して発症したら、ジッと自然に(自分の免疫力で?)回復するのを待つしかないようですね。


その予防法には手洗いが最も効果的なようですが、それとともに身の回りの小まめな消毒も大事なようです。

ただ、新型のノロウィルスは普通の消毒液ではなかなか死滅しなということらしいです。

ウィルスの周りの膜が特殊で、消毒液では破壊できないそうです。


そこで何とかならないかと、広島大学の先生が研究されて発見したのが、「渋柿の汁」。
それに含まれる成分が、ノロウィルスを固まらせて不活性にしてしまうらしいです。

番組では、渋柿を煮て、おろし器ですりおろし、絞った汁をアルコール消毒液と混ぜて作る自家製の消毒液を紹介していましたが、ちょっと面倒です。

そこで、もっと簡単な方法ということで、ホームセンターなどで販売している『柿渋』という液体を紹介してくれました。

黒い色をしていて、小さめのポリ容器に入っていました。

それを消毒用のアルコールで10倍に薄めて使うと、ノロウィルス対策用の消毒液になるようです。

スプレー容器などに入れ、手や調理器具などに噴霧して使います。



ノロウィルスは、高齢者や子どもなど、体力のない人が感染すると危険ですから、こうした消毒液など有効に使って予防するといいですね。





ためしてガッテン、帯状疱疹2=早期発見&予防法

7月8日のNHK『ためしてガッテン』は、”帯状疱疹2=超早期に発見、予防SP”という特集でした。

『ためしてガッテン』では以前にも帯状疱疹の特集をやりましたが、今回は早期に発見しうまく対処する方法にポイントを絞った内容でした。

番組全体としては、特に目新しい画期的なものはありませんでしたが、2つほど前回になかった内容がありましたので、書いてみます。


●治療は可能な限り早く!

帯状疱疹は、体内に潜んでいた水疱瘡(みずぼうそう)ウィルスが活性化して起きますが、通常、発疹が出て(症状が出て)3日以内に抗ウィルス薬を使うと、ウィルスを沈静化できて効果が上がるとされてきました。

しかし、3日以内に治療を始めても効果が出ずに上手く行かず、症状が長期に長引く患者も多いことが分りました。そこで、帯状疱疹が疑われたら、即、病院を受診し、1時間でも早く抗ウィルス薬を飲むのが効果的な治療だということでした。


●予防には水疱瘡ワクチン

現在、1歳2歳の幼児は無料で水疱瘡ワクチンを接種できることになっています。これを受けることで、将来的に帯状疱疹の予防効果もあり、リスクを減らせます。
大人の場合の予防法としても、このワクチン接種は有効だそうです。ただし、実費として1万円前後の費用がかかります。


子供の時に水疱瘡にかかった人は誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

発症の初期に適切に治療をしないと、発疹が収まった後に「帯状疱疹後神経痛」というとっても痛い神経痛が長期に渡って続く場合があります。ひどい人は10年以上も続くこともあります。

そうならないためにも、ヒリヒリ・チクチクといった痛みの後に赤い発疹が出てきた時は、素人判断はしないで、とりあえず早めに皮膚科を受診しましょう。





食中毒の予防法、効果的な手洗い・消毒など

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

梅雨時から夏場にかけては、食中毒の起きやすい時期。家庭でも予防のために対策が必要です。

今日、たまたま食中毒予防のための衛生管理の講習を聞く機会がありました。

その中で印象に残った食中毒の予防法を幾つかご紹介。


・食中毒の原因で多いのは、ノロウィルスによるもの。
ノロウィルスは熱や酸に強いので侮れない。急性胃腸炎の症状が出たら、ノロウィルス感染を疑ってみる。症状としては、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、38度以上の発熱など。
予防と対策は、やはり手洗いの励行や消毒。

食中毒の発生件数で見ると、ノロウィルスが原因のものが圧倒的に多い。1年中発生する。


・黄色ブドウ球菌は、手の傷の化膿した部分が感染源となるのはよく知られているが、手荒れがあっても、この菌の繁殖の危険がある。従って、予防法としては手荒れをケアすることも大切。おにぎりやお弁当を作る時は特に注意。


・トイレで用足し後の手洗いは重要。
ちょっと汚い話ですが、下痢の場合に洋式便器を使用した後は、お尻には便の飛沫が結構付着しているそうです。それでトイレットペーパーで拭くときに、指の先以外に親指の付け根の膨らみや手の平などがお尻に触れ、気づかぬうちに汚れています。

ですから、用足し後の手洗いは、手の平から手首あたりまでキチンと洗うことが必要です。

食中毒で下痢をして、用足し後の手洗いがいい加減だと、そこから人に感染させる危険があります。

また、手の消毒に「消毒用アルコール」を使う場合、アルコールを吹きかけてパパッと適当に揉み手をするだけではダメで、丁寧に揉みこみ、かつ強めに擦って熱でアルコール分を完全に飛ばすようにしないと殺菌効果は薄いそうです。

これは意外な盲点なので、注意しましょう。


・作った料理で残ったものは、速やかに冷やし、小分けにしてラップし冷蔵庫へ。
カレーなどでもウェルシュ菌が増殖する危険があるので、再加熱は高い温度で十分に行う。
中心部の温度85度で1分間は必要だそうです。


食中毒も、菌の種類によって重症化し、場合によっては死亡することもあります。

家庭の台所でも、消毒や殺菌を心がけましょう。


プロフィール

トミー

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ