健康増進法ブログ

健康や病気、医学、美容やダイエットなどの情報を発信するブログです。

認知症

NHKスペシャル(9/26)認知症相談室・認知症の先輩が教えてくれたこと

9月26日のNHKスペシャルは「認知症の先輩が教えてくれたこと」というタイトルの特集番組でした。

香川県のある病院での、認知症患者さんたち自身によるケアの取り組みのレポートです。


その病院には、認知症相談室というところが設置されていて、認知症の患者自身が相談を受けています。

その室長さん(78歳)は認知症になって2年の方で、新しく認知症を患った人の諸々の相談に乗ります。主に不安や心配を和らげてあげることに主眼が置かれているようで、相談する認知症の人は夫婦や家族一緒で相談に来ます。

認知症になった人は、誰もが不安や心配で頭の中が一杯のようです。


室長さん自身も、発症当時は大変なショックを受け、その事実を受け入れられず、ショックから立ち直るのに2年かかったそうです。

しかし、その後は落ち着きを取り戻し、「できる事(をすること)で自分の人生を作り直していく」という心境になりました。

その経験則を新しい認知症の人に、教え諭していきます。


番組では、2組の認知症の夫婦を約1年間ほど取材しましたが、患者さんは最初は出来なくなったことに悲しんだり、戸惑ったりしましたが、相談を重ねるにつれて認知症であることに慣れ、出来ることを楽しむようになっていきました。

一方家族の方も、当初認知症について理解ができず、イラついたり、認知症の人の人格を否定するような言動も取っていましたが、やはり相談を重ねるにしたがい、理解も進み、認知症の人の身になって考える余裕が持てるようになっていきました。


認知症は現在、進行を止める薬もなく、治療の決め手はありません。

しかし、本人と周囲のこの病気への理解によって、対応方法に随分と大きく違いが出てくることを、この番組で知りました。

認知症の人は、周囲からは意識活動が鈍感になっていると思われがちですが、実際は普通の人よりも感受性が敏感で、傷つき安い面があるようです。それを理解せずに、乱暴な、粗雑な態度で接することはとても可哀想なことをしていることになり、ひいては認知症を悪化させてしまう恐れもあります。


私の母も認知症ですが、これまで本人の心の内を深く考えることもなく、つい感情に任せて怒ってしまったことも度々ありました。

この番組を見て、少し理解ができたので、これまでの態度を改めることができそうです。


認知症の人には、まず思いやりを第一に接するよう心がけてください。


◆番組内容の詳細:NHKスペシャル「認知症の先輩が教えてくれたこと」西香川病院の取り組み

アルツハイマー病の検査が自宅で簡単にできるようになる!

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

このブログでは、アルツハイマー病についていくつか記事を書きましたが、最近の新聞に、”自宅で簡単 アルツハイマー病検査”という小記事がありました。

アルツハイマー型認知症では、脳内に「アミロイドβ」という一種のタンパク質が蓄積し、それが脳の神経細胞を死滅させることで記憶が欠落していき、認知症になることがわかっています。

その「アミロイドβ」の検出には、これまでは病院で血液検査をし、高価な医療機器で9時間以上もの解析が必要でした。

ところが、今度、たった1滴の血液でこの「アミロイドβ」を検出できる機器が開発され、2015年度末までの実用化が期待されているようです。

この新しい検査方法では、測定機器は数万円程度と安価、検査時間も10分ほど、費用は専用の半導体センサーというものがわずかに1枚100円程度で済むということです。

たぶん、自宅で採血して半導体センサーに添付などし、病院へ送って測定するという手順ではないでしょうか?

スマホアプリを利用して病院と情報をやり取りする方法も検討されているとか。

海外ではスマホに取り付るタイプの糖尿病検査キットも登場していますから、もしかしたら、そういうモデルを想定しているのかもしれませんね。


早ければ、再来年後半ごろには、アルツハイマー病の血液による精度の高いチェックが自宅でできるようになるのですから、有難いものです。

スマホも病気管理にもどんどん便利になるので、高齢者だからといって敬遠することなく、一定程度は使いこなせるようにしておく必要がありそうです。



NHKスペシャル「アルツハイマー病をくいとめろ」(予防法&新薬)

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

1月19日の「NHKスペシャル」は、”アルツハイマー病をくいとめろ”という特集で、アルツハイマー病研究の最新の成果を報告する内容でした。

認知症の7割を占めるアルツハイマー病は、年々増加し、治療法の開発が急務とされている最も重大な疾患の一つですが、近年海外の研究の進歩で大きな成果が上がり、予防や進行を止める新薬の開発が進んでいます。
日本でも驚異的な成果を上げる予防術も開発されました。

今回の「NHKスペシャル」は、認知症のメカニズム解明と予防術に視点を置き、内容の濃い大変参考になるものでした。

以下、番組で取り上げた7つの項目順に紹介していきます。量が多いので、一部は簡略化しました。


1、見えた病の正体~克服への手がかり

近年のアルツハイマー病解明の大きな成果の基礎となったのは、『DIAN(ダイアン)研究』と呼ばれるものです。

アメリカ・セントルイスのワシントン大学のモリス教授が、研究に行き詰った結果「家族性アルツハイマー病」に着目し、家系的に発病する可能性の高い人の脳の変化を若い頃から調査していけば、何らかの発病のメカニズムが分かるかもしれないと始めた研究です。

欧米の学者150人以上が集まる大規模な研究でした。

その研究の結果、アルツハイマー病による脳の変化は、何と発症の25年も前から始まっていることが判明しました。そして、病を発症させる物質と脳の萎縮の関係が明らかになってきたのです。

モリス教授に協力した家族性の患者では、40代で早くも脳に異変が起きていました。

それは、『アミロイドβ』というタンパク質の蓄積です。
これは脳の神経細胞が活動することで代謝される老廃物ですが、神経細胞の突起であるシナプスを傷つけ、やがて死滅させます。

アルツハイマー病は、平均70歳頃に発症するので、25年ほど前から『アミロイドβ』は溜まり始めることになります。

さらに、発症の決め手となる原因物質『タウ』(タンパク質)も発見されました。
これは発症15年ほど前から神経細胞の中に増え始め、アミロイドβの攻撃に続いて神経細胞にトドメを刺します。

しかも『タウ』は、記憶中枢の海馬に多く溜まり、海馬を萎縮させ、アルツハイマー病を発症させると考えられています。

尚怖いのは、脳に『アミロイドβ』と『タウ』が溜まっても自覚症状はなく、発症の約7年前頃になってやっと、軽い物忘れという形で症状が出始めるという点です(この段階では必ずしもすべての人がアルツハイマーを発症するとは限らない)。
そして、アルツハイマー病を発症すると、日常生活に支障をきたす記憶力低下を引き起こしていきます。


『ダイアン研究』により、これらの事が明らかになりました。


2、悪化を防ぐ!?~新薬を開発せよ

イギリスでは、『タウ』を叩き分解する作用を持つ新薬「LMTX」が臨床試験の大詰めに入っています。2年後にはアルツハイマー病の新薬として登場するかもしれません。



3、世界で急増する認知症患者

2013年、認知症患者は世界中で4,400万人。2050年には1億2,500万人と推定されています。

これだけの勢いで増えると、やがては経済損失が莫大になり危機的状況になると懸念され、認知症サミットも開かれるようになりました。

日本は最も増加が早く、30年後には現在の約2倍の1,000万人を突破すると予想されていて心配です。



4、気になる認知症、驚異の予防術

これは日本で研究・開発された予防法のようです。

アルツハイマー病発症直前(5年くらい前)の軽い物忘れの段階を「MCI」(軽度認知障害)といいますが、ここから約50%の人がアルツハイマー病を発症します。

この段階で、『アミロイドβ』や『タウ』を攻撃するのではなく、海馬を鍛えて萎縮を防ごうとする予防術です。


この予防術を研究開発したのは、「国立長寿医療研究センター」です。

MCIを対象に、海馬の萎縮を食い止める運動法の予防プログラムを開発しました。

凄いのは、この運動法の効果は薬よりも大きな効果を挙げられる可能性があるという点です。

具体的な運動法は、計算をしながら、あるいは何らかの課題を課して頭を働かせながら運動(散歩など)をするというもので、そう難しいものではなさそうでした。

例えば、”100から7を順に引き算していく”という計算をしながら散歩する方法です。

これで、脳の神経細胞を新たに作り出し、さらにシナプスを活性化させて細胞同志のつながりを増します。

『タウ』が増えても、運動療法で海馬の萎縮が防げる可能性が出てきました。

実験でも、週1回、90分の運動プログラムで、1年後には記憶力が向上し、さらに海馬は萎縮どころか大きくなっていたという結果も出ています。


5、日本でアルツハイマー病急増の謎~九州大学の研究

日本では20年前に比べ、このアルツハイマー病の増加率は6倍にもなりました。

その原因は、食生活の欧米化(特に動物性脂肪の摂取)と考えられ、特に食後の血糖値が高い人ほど発生率が高いというデータがあります。


6、認知症予防の最先端に迫る

アメリカの某研究では、『アミロイドβ』は、脳の日中の活動で増え、夜間寝ている時に髄液に混じって脳の外に排出されるとわかってきました。

従って、睡眠の質がよい人ほど、キチンと排出されるので、適切で十分な睡眠を摂ることが予防につながるだろうと。


7、夢の薬~究極の予防法

アルツハイマー病の発症を防ぐ薬として、『アミロイドβ』を取り除くことに成功した薬があります。「ガンテネルマブ」といいます。

実験では6ヶ月の投与で、アミロイドβは激減していました。

まだ研究は未完成で、2年後くらいに最初のハッキリした結果がでるだろうということです。



以上、アルツハイマー病研究の最先端の様子でしたが、番組では克服への希望が見え始めたと言えそうだと締めくくっていました。

確かに、10年前には想像できなかった研究の進歩で、新薬もいくつか登場しつつあり、日本でも5年後くらいには治療法が一変している可能性がありますね。

現在予防法はいくつかあるので、家族歴など不安のある人は、予防しつつ新薬の登場を待ちましょう。



◆参考記事
アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!


「モーニングバード」、アルツハイマー病予防法は食べる順番にあり

ブログネタ
健康と食べ物 に参加中!

モーニングバード」(テレ朝、11月4日)の中で、”アルツハイマー病、予防のカギは食べる順番!?”という特集がありました。

アルツハイマー病の発症メカニズムとして、食後の血糖値が急上昇する「高血糖」状態が長く続くと、発症に影響すると最新の研究でわかってきたそうです。

今では、アルツハイマー病は、『脳の糖尿病』とも言われるようになってきました。

そのメカニズムは、脳細胞の中で出来る「アミロイドβ」というタンパク質が過剰に溜まるとアルツハイマー病を発症する原因の一つと考えられていますが、それを細胞外に出し分解するのが、インシュリンとインシュリン分解酵素。

つまり、インシュリンは血糖のコントロールの他に、副次的に「アミロイドβ」の処理も行っているわけです。

アルツハイマー病では、この機能がうまく働かないのが、原因の一つなのでしょう。

しかし、糖尿病や高血糖状態が高いと、インシュリンと分解酵素が血糖の処理に追われ、「アミロイドβ」にまで手が回らなくなり、アルツハイマー発症のリスクが高まるようです。


そこで、予防法として、糖尿病と同じように食事の時の”食べる順番”を工夫し、高血糖状態にならないようにすると、予防効果があるというです。

[血糖値の急上昇を抑える食べ方]

①腹ペコ状態で、いきなり甘い物をいっぱい食べないこと。

②食べる順番に注意する。

野菜類(サラダなど)⇒タンパク質(肉や魚)⇒炭水化物(ごはんやパン、麺類)にすると、血糖値の急な上昇が防げます。

番組の実験では、上の順番を入れ替えて二通りで食事をしてみると、はじめにご飯を食べた場合は、食後30分で血糖値に20程度の差が出ました。


毎回キッチリ順番通りにしなくとも、このような食べ順を心がければアルツハイマー病発症のリスクは減らせるということでした。


ためしてガッテン、「新型レビー小体型認知症」

ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!

ためしてガッテン」(10月2日)は、”気づいて!新型認知症”という特集でした。

今、第2の認知症といわれる『レビー小体型認知症』が急増しているそうで、認知症の5人に1人はこの認知症ではないかと言われています。

この認知症の発見者は、横浜市立大学名誉教授の小阪健司医師(75歳)。
今回の番組の監修もされています。

レビー小体という、不用なタンパク質の塊が脳に溜まるために起こります。
レビー小体は、パーキンソン病の原因物質でもあります。

この『レビー小体型認知症』は2010年に治療のガイドラインができたばかりの認知症で、医師の間でまだ周知されていないらしく、他の認知症やうつ病、統合失調症と間違われている事も多いようです。

他の認知症や病気と間違われ、適切な治療が行われないと、どんどん症状が悪くなり回復も難しくなるおそれがあるので、注意が必要とのことでした。

番組で取り上げた『レビー小体型認知症』の症例として、

[80歳男性の症例]

数年前からよく道に迷うようになったり、物忘れが多くなったりしましたが、認知症のテストでは、異常なし。
2年半前に、一人でトイレに行けなくなった(何かがいるので怖い)。その2ヵ月後、夜隣で寝ている奥さんの布団の中に男がいると、浮気を疑った。2年前には、家の中に大勢の不審者がいると、警察に電話しそうになった。

一時は、非常に状態が悪くなり、動くことも話すこともできなくなり、死人のようになってしまいましたが、小阪医師の治療や介護で元気になり、散歩や趣味のハーモニカも吹けるまで回復しました。

しかし、今でも突然、家の中に子どもの姿が見えたりします。

この男性の例のように、”幻視”の症状がでるのが、『レビー小体型認知症』の大きな特徴で、アルツハイマー型認知症などと区別できる点です。

脳の海馬という部分の萎縮がないので、記憶障害(物忘れ)は少なく、その代わりに脳の後頭部と側頭部にレビー小体が蓄積し、視覚を司る後脳と視覚情報を処理する側頭部脳が障害を受けるので、幻視が出るようになるということでした。

この幻視は、壁のシミが動物に見えたり、トイレのタンクの上の花が人の顔に見えたりと、別のものに見えるパターンが多いようでした。

事情を知らない人なら、「幽霊でも見ているのでは」と疑いたくなるような言葉らしいです。


[レビー小体型認知症に気づくポイント(見分け方)]

①人や虫がいると訴える。空中に手を伸ばす。壁に話かけるなど「幻視」がある。

②症状が急に現れては消える(頭がハッキリしている時とボーッとしている時とで波がある)。

③筋肉がこわばって、動きが遅くなる(転びやすくなったりもする)。
これはパーキンソン病の症状で、歩き方も小股になる。

④他に、うつ症状、便秘、大汗、大きな寝言など。
寝言は、睡眠中に手足を激しく動かす場合もあり、これが『レビー小体型認知症』の前兆症状であることもあり、注意しておく必要があります。


[治療法]

レビー小体を取り除くことはできませんが、幻視などの症状を和らげる薬と介護の組み合わせで、改善させることができます。

注意すべきは、うつ病や統合失調症と間違えて治療し、向精神薬を使うと、それに敏感なので副作用が強く出やすいことです。


[家族の対応法]

①幻視を否定しない。

②幻視の内容は、本人以外には見えていないことを伝える。
本人が、幻かもしれないと考えるキッカケを作ってあげる。そうすると、本人も気が楽になる。

③幻視に見えなくするよう環境を変える工夫をする。例えばトーストのパンくずが虫に見える場合は、フレンチトーストにして、くずが出ないようにするなど。

④幻視以外へ注意をそらす。
幻視が出たら、「おまじないで消す」などと言って手を叩いたりして、消えたことを確認する(実際に幻視は消えるらしいです)。

他には、音楽をかける、猫を抱いてもらう、散歩に誘う、など精神状態がよい方向へ向かうように工夫するなども大事です。

この『レビー小体型認知症』は、キチンとした治療とケアで、本人も幻視を幻視だと認識できるようですので、家族の方が落ち着いて対応することが肝心のようでした。

尚、『レビー小体型認知症』が疑われる場合は、「認知症疾患医療センター」(全国200ヶ所)か、地域包括支援センターのサポート医に相談するとよいということです。


プロフィール

トミー

忍解析、ブログ村

↓記事内容がお役に立てましたら、クリックをお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ